たまには断捨離頑張ります

こんにちは、中村孝子です。

先日掃除機をかけようとした夫が、

(週1回掃除機をかけるのは夫の役目です(*^_^*))

掃除用具入れにあふれかえっている紙袋を見て

夫「この紙袋いらんやろ。捨てろ!!」

私「今度のバザーの時いるかもしれないし・・・」

夫「・・・(-_-)/~~~ピシー!ピシー!  こんなにいるわけない!」

私「そうです。ごもっとも」

紙袋を全部取り出すと相当な枚数。

溢れかえるわけです。

まともなものを大中小それぞれに数枚ずつより分け

いらないものを処分。

こうなると断捨離の虫が顔をのぞかせる。

掃除用具入れからすべて取り出し

以前使っていた掃除機のノズルや、ケース、網戸補修の入れ端など訳の分からないものまで

本当に必要なものだけを残して整理し

空いたところに3段ボックスを入れるとこまごましたものが一目瞭然。

使い勝手の良い用具入れになりました。

次に目についた工具のボックス。

階段下に入れていたので目にはつくのですが

邪魔にはならないのでそのままにしていました。

見ないふりしてました。<(_ _)>

100cmX50cmX50cm位のボックス。
(子供たちが小さいころ使っていた長椅子です)

工具なんて言っても釘を打ったり、ペンチやドライバーを使うくらい。

なのに大きなボックスには

いったいいつ使うつもりかしら?と首をかしげたくなるほどの釘やねじ、ワイヤーなど等々・・・

もうできるだけ処分しましょう。

渋る夫と二人でいるいらないの選別を。

夫は日ごろ捨てれない人ですが、昨日ばかりは頑張ってくれました。

お役御免のボックスはつぶしてひとまとめに。次の粗大ごみの日を待ちます。

釘やねじなどビニール袋に分けて整理。

一つの工具箱に収納。

のこぎり(折り畳みの小さなもの)や糸鋸、金づち、ペンチや六角レンチなどをひとまとめにして別の工具箱に。

小さな工具箱2つにすべて収まりました。

この二つは掃除用具入れの三段ボックスの上段に決定。

スッキリしました。

入れ物があるとついつい詰め込んじゃう。

入れ物は少ないほうが良いように思います。

そんな私がキルトの本を触っていたら

夫「それも捨てるのか?」と。

そろそろ引退の時期ではありますが(;’∀’)

まだしばらくは遊ばせていただきます。

人の断捨離は手助けできても、

自分の断捨離はなかなか進みません。(*^_^*)

th


布小物のご購入はこちらへ

中村が心を込めてひとつずつ丁寧に作りました。

世界に一つだけのバッグやポーチを持ちませんか?

あなただけの。。。

プレゼントにも最適です。

*パッチワークなど布小物


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

奈良県大和郡山市在住。   パッチワークキルト講師 *布小物作家(先染め布を使ったパッチワーク小物やリバティの小物) *現在自宅・王寺町・平城山・高の原にてパッチワーク教室を開いています。