息子の引っ越しでぽっかり空いてしまった心の穴

こんにちは、中村孝子です。

 

3月だというのに私の心は穴がぽっかり開いてしまったようです。

 

今までに大きな引っ越し小さな引っ越しと20回近く経験してきた私ですが、

子供たちを見送るのが一番つらいです。

 

本日末っ子Kは引っ越していきました。。。

昨年6月に滋賀から戻ってきて、しばらくはここで一緒に暮らせると心躍っていたのに・・・

一年も経たずに引っ越していきました。

 

部屋が狭くなるからと

マットレスだけ持っていかれた空のベッドが、

まるで何もかもはぎとられた私の心のよう。

 

主のいなくなった部屋が広く感じます。

 

「またすぐ帰ってくるから」という言葉を残して息子も行ってしまいました。

 

この穴を埋めようとウォーキングに出たのですが

 

白梅。。。

ますます寂しくなってしまいました。

 

Kがいなくなるとお母さん寂しいよ~~~

 

まだお姉ちゃんがいるよ

 

の言葉に、そうだよね。

3日には娘の卒業式と謝恩会。

 

うじうじしているわけにはいきません。

 

でも今日一日はぽっかり穴を見つめていたい。


布小物のご購入はこちらへ

中村が心を込めてひとつずつ丁寧に作りました。

世界に一つだけのバッグやポーチを持ちませんか?

あなただけの。。。

プレゼントにも最適です。

*パッチワークなど布小物

*LIBERTYを使った小物


th

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

奈良県大和郡山市在住。   パッチワークキルト講師 *布小物作家(先染め布を使ったパッチワーク小物やリバティの小物) *現在自宅・王寺町・平城山・高の原にてパッチワーク教室を開いています。