揚げの和風ピザと四角つなぎのミシンピーシング1

こんにちは、パッチワークキルト講師の中村孝子です。

 

お揚げさんのピザは?超簡単

毎日の暑さにいかに食事の支度を短時間に済ませるか、そんなことばかり考えています。

そんなメニューの一つがお揚げさんの和風ピザ

大きなお揚げさんを広げて、ピザの台の代わりのように使います。

具材は冷蔵庫にあるものなら何でもOK

この時はブロッコリーの軸を細かくカットしたものとマイタケを載せました。

ただたっぷりのネギとチーズは必須です。

これらを全部乗せてお醤油を垂らします。私は写真のスプレー(100均)でシュシュ( *´艸`)

後はオーブントースターでチーズがとろけるまで焼けば出来上がり。

一口大にカットして食卓に出せばみんなのお気に入り。

御飯のお共にも、酒のさかなにもぴったり!

2016-08-23 17.14.33 2016-08-23 17.21.15 2016-08-23 17.23.17

お揚げさんは出来ればちょっとお高いものを 😆

 

ミシンピーシングしてみませんか?

パッチワークに一番最初に習うのが四角つなぎですね。

ミシンピーシングでも、まず箱の四角つなぎに挑戦してみましょう。

 

その前に準備が必要です。

針が落ちるところから7mmのところにテープを貼ります

これが縫い代になります。

また、ご自分のミシン押さえの幅を図ってみましょう。

針の中心から抑えの端っこまでの長さ。たいてい7mm前後だと思います。

これくらいなら、ミシン押さえの幅を目安にするのでも大丈夫。

私はマグネットステッチ定規! これについては後で説明します。

 

 

でははじめましょうか。

四角の生地をカットします。

今回は出来上がり4㎝角の四角とします。+縫い代が周りに7mmずつ。

つまり、4+0.7+0.7≒5.5㎝(作りたいサイズ+縫い代分1,5㎝

5.5㎝角にお好きな生地をカットします。

私はこのロータリーカッターを使っています。

ミシンでパッチワークをしたいなと思われる方は持っているととっても便利です。

 

2016-08-24 15.31.57

生地2枚を中表に合わせます。同じサイズなのでぴったりに・・・

待ち針を留める必要はありません。

2016-08-24 15.45.32

これを7mmのところに貼ったテープ、あるいは押さえ、、、私はこれ↓マグネットステッチ定規を使っています。

小さいけれどマグネットでしっかりくっついてくれます。なかなかの優れものですよ。

 

それに沿わせるように縫えば7mmの縫い代がきっちりと。

2016-08-24 15.44.03

それをどんどん縫い繋いでいきます。一回一回糸を切らずにどんどん縫い繋いでいきます。

2016-08-24 15.50.39

縫い線がなくても7mmのラインに合わせることでまっすぐ縫えるでしょ。

これが大事なんです。

マグネットの定規7mmのところに貼ったテープに沿って、抑え金の幅に合わせて縫うことで一定の縫い代で縫えるのです。

 

ミシンは目が疲れて困ります

ということをよく耳にします。

目は動くものを見てるとすっごく疲れます。

つまり針を見ているのですね。

歪まないようにと針を直視。

でもそれって目が疲れるし、

針しか見ていないので歪んでも気づくのに遅れてしまうのです。

 

ミシン針はあなたが見ていなくても大丈夫!同じ位置しか縫わないですよ。

針がちゃんと縫うかどうかよりも、縫い代幅が一定かどうかが大切なんです。

だからあなたが注意してみなくてはいけないのは・・・もうお分かりですよね。

 

なのでこの四角つなぎの時も

動いてる針を見るのではなくて7mmの幅の縫い代ラインがずれないように見ていることが大事

この手助けになるのがテープだったり、マグネットステッチ定規です。

 

 

 

ここまでいかがでしたか?

端切れをいっぱいカットしたくなってませんか?

 


布小物のご購入はこちらへ

中村が心を込めてひとつずつ丁寧に作りました。

世界に一つだけのバッグやポーチを持ちませんか?

あなただけの。。。

プレゼントにも最適です。

*パッチワークなど布小物

*LIBERTYを使った小物


th

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

奈良県大和郡山市在住。   パッチワークキルト講師 *布小物作家(先染め布を使ったパッチワーク小物やリバティの小物) *現在自宅・王寺町・平城山・高の原にてパッチワーク教室を開いています。