大好きなヨーヨーキルトの作り方4

こんにちは、パッチワークキルト講師の中村孝子です。

ヨーヨーを縫い絞ったところからのお話です。

縫い絞ったらすぐに糸玉を、ですね。
大急ぎで糸玉を作ってもすぐに緩んでくる。

そんな経験をしたことありませんか?

なので最後に、一針返し縫をするんです。
パッチワークでは返し縫は当たり前っていう方もいらっしゃいますよね。
でもヨーヨーとなるとついつい忘れちゃうんです。

でもどこで返し縫するの?

最後の針目のすぐ隣、どちらでも構いません。ヒダを一すくい。
この返し縫で絞った糸がすぐに緩んでこない。
だから、ゆっくりしっかり糸玉を作れる笑

キルトに縫い付けるのであれば、裏は糸玉が出ていてもかまわない。
で私は、いったん表で糸玉を小さく作り、そのあと裏に通して裏で大き目の糸玉をもう一度作ります。
表で作った糸玉は見えないか?って
大丈夫ヨーヨーのヒダの中に隠れてしまいますよ。

のれんのように裏も見えちゃうというときは、裏に作った糸玉を再度中に隠してしまいます。

キルトに付ける場合
ヨーヨーのちょっと内側を表に響かないように荒く縫い付けます。

 

これもその一つ。
三角繋ぎしたティッシュボックスカバーです。
t02200115_0300015713370043295

三角の頂点に小さく作ったヨーヨーを付けました。

 

これは↓お花に見立てて、キルトを飾りました。

t02200293_0800106713371292088
このベビーキルト↓には自動車のタイヤ部分にヨーヨーを使いました。

BabyCar
もっといろんな使い方があると思います。
こんな使い方したよって教えてくださいね。

 

次回はヨーヨー同士をつなげるときのお話をしますね。では


布小物のご購入はこちらへ

中村が心を込めてひとつずつ丁寧に作りました。

世界に一つだけのバッグやポーチを持ちませんか?

あなただけの。。。

プレゼントにも最適です。

*パッチワークなど布小物

*LIBERTYを使った小物


th

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA